【例文】お詫び文 不倫(女性部下が男性上司と)

女性部下が男性上司と長きにわたり不倫をしていた。それが上司の奥さんの知るところとなり、お詫びの手紙を提出することになった。その間、当然慰謝料の話も出ており、文面では、後日、金額や期日の相談をさせていただきたい意志を表している。

○○○○様(奥さんの名前)

謹啓 このたびは、私の○○様に対する傲慢な行為をお詫びするべく、お手紙をさせていただきました。
2000年から3年にもわたり、○○様のご家庭に大きな混乱がいずれ訪れると知りながら不義を重ねてまいりました。そればかりか、○○様からお怒りのお電話を頂戴した際にも不遜な態度で接してしまい、内容証明郵便も1週間以上、放置していました。
○○様の私への不信感、お怒りがいかばかりであったかと想像をいたしますと、自分の至らなさと○○様への申し訳なさで、私の心は一杯になっています。申し訳ございませんでした。
私は長い間、その場の感情に身を任せてしまっていました。非常に軽率な行動をとり続けていました。すべて私の不徳のいたすところでございます。私のことで○○様と大切なお子様の心を傷つけてしまっていたことを、今更ながらに気がつき、ただお詫びを申し上げる以外にございません。誠に申し訳ございません。
お許しいただけると思っていません。私は○○様のお怒り・悲しみをずっと心に持って、毎日を歩んでまいりたいと思っています。そして、ご主人様には今後一切、接触をしないこと、連絡を取り合わないことを、このお手紙でもってお誓い申し上げます。また、すでに4月中の退職を予定しており、職場においても今後一切の接触がないことを合わせてご連絡させていただきます。
慰謝料のお話も承っていますので、お納めする金額や期日についてご相談の機会をいただけましたら幸いに思っています。なにとぞよろしくお願い申し上げます。
今この時期になっての不作法をどうぞお許しください。本当に申し訳ございませんでした。敬具

2003年4月5日
○○○○

※この例文は著作権法で保護されています。

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0581
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

カテゴリー: 【例文】お詫びの手紙 個人宛て   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク