納期遅延のお詫び文 例文のご案内

 

さて、例文のご案内、今回は、納期遅延について、取引先に提出するお詫び文です。

 

納期が遅れて、取引先に迷惑をかける、お怒りを買うというのは、よくある話です。

「遅れ方」の質ですよね、実際。

 

なんとなく、「この日あたりで納めてくれたらいいよ」的な、緩やかな納期設定でしたら、多少前後したところで何も問題は発生しません。

いっぽうで、取引先が、「この日までには、ぜったい、ぜったい、ぜーったい納めてね」と言っているにも関わらず、それに間に合わなかったら一貫の終わりです。

 

納める側としても、遅れようと思っているわけではないのですが、いやはや、予期せぬ理由ができたり、そもそも元々の工程に問題があったりで、遅延するケースはあとを絶ちません。

納める側の立場で申し上げますと、「納期が遅延することも含めて、余裕を持って計画を立てて欲しい」と、とても小さい声で、半ば開き直りたくなります。

 

と、こんなことを取引先に直接申し上げることができるはずもなく、お詫び文を提出することで、ひと段落となります。

 

納期遅延についての取引先宛のお詫び文 例文

https://www.owabi119.com/sample1

 

私たちが作成した例文です。是非ご覧ください。

 

 

ちょっと余談ですが、「納期遅延」って言葉としてはかなりおかしいんです。

 

納期は、商品を納める時期(あるいはピンポイントで、その日)のこと。

遅延は、遅れること。

商品を納める日が遅延するのではなくて、商品を納めるのが遅延するわけですので、正しくは納品遅延になるかなあと思います。

いずれにしても、遅れているということそのものが一大事ですので、しっかりお詫びをしなければなりませんね。

 

 

お詫び文の作成サービスはこちら

お詫び文の例文の一覧はこちら

カテゴリー: 例文の紹介   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク