始末書で弁明をしてもいいですか?


 
お詫びの原稿作成専門「お詫びライターズ」が、よくあるご質問にお答えします。
 
 
今回のご質問
 
始末書で弁明をしてもいいですか?
 
 
いいえ。
弁明とは、すなわち言い訳であり、しないほうがよいです。
 
しかし、その弁明(言い訳)が事実である場合には、盛り込むことも考えたほうがよいかもしれません。
気をつけたいのは、その事実を始末書に盛り込むことで、提出先に、結果として弁明(言い訳)に見えてしまうことです。あなたには言い訳をするつもりがなくてもです。
 
過去、私どもが作成したお客様の事例でも同じことがありました。
そのときは、「お詫びライターズさん、事実は事実として盛り込んでください。相手に言い訳と捉えられても結構です」と、お客様は強い意志をお示しになりました。
 
この事例は、取引先へ提出するもので、どうやらお客様は、取引先の度重なる理不尽な要求に、いよいよ嫌気がさしたようでした。
 
言い訳のように見えてしまうのは、歯がゆいですが、
 
事実は事実として伝えたほうがよい

言い訳に聞こえると余計に先方がお怒りになるので、やめておこう
 
これらを打算的に考えてお決めになるのが円滑だと思います。
 
 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0581
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

カテゴリー: 顛末書や始末書の書き方   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク